酔いどれオーナー No.3136
No.3136

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の三〜

2012年11月2日夜。
華西街観光夜市から戻ってきた六人衆。いよいよ会場へ。

で、本日のチラシ。

MUTO & UENOは日本の教父らしいです。

お客さんも結構入ってていい感じ。で、本番前の武藤ウエノ。
201211022337000_convert_20121115144357.jpg

ぼちぼち行きますか。

本番
201211030027000+のコピー_convert_20121115144620
201211030022000+のコピー_convert_20121115144746
かなりいい感じで盛り上がってます。
201211030030000+のコピー_convert_20121115144946

この日のセットリスト。

1. THE PIED PIPER BLUES
2. BUENA VISTA 
3. DESPERADO SERENADE
4. SALUD
5. AMIGA AMIGO
6. MOJO WORKIN'

およそ40分ほどのセットメニュー。
MOJO WORKIN'でのコール&レスポンスは国境を超えます。ありがたい。
201211030032000+のコピー_convert_20121115145121

暗過ぎて分からないが台湾The ThursのボスMr. Brianと武藤。
201211030123000_convert_20121115145644.jpg
ありがとうございました。謝謝ー合掌。


この後、台北アテンダントをしてくれたMerrickに連れられ台湾のRock Barに行った武藤。
M「MUTO-san。オツカレサマデシタ。酒。ナニ飲む?」
武「ジャパニーズ焼酎ってこっちないんだよね」
で、武藤は台湾初日にコンビニで買った台湾の酒を思い出した。「高梁酒」といって沖縄の泡盛に近い味がするお酒だ。ただアルコール度は58°ある。武藤はこの酒の発音を分かっておらず「タカハシ」と呼んでいた。
武 「メリック。タカハシってある?漢字で高いに・・・」
M 「コゥーリャン?MUTO-sanコゥーリャン?大丈夫?」
武 「それ頂戴」

そして武藤はすみやかに撃沈。

2012年11月3日。
ホテルの電話のベルが鳴り起こされた武藤。
アブ「みんな既に例の小龍包屋でメシ食ってますよ」
武「あ、今行きます」

いい天気だ。
201211031136000_convert_20121115151916jpg.jpg


ウエノは本日昼から日本でリハーサルの為、朝5:30には空港へ。ウエノ不在で皆さんと昼食。
濱ちゃんアブちゃん、奥が辻野さん。すでに飲んでます。
201211031146001_convert_20121115152546.jpg

武藤も濱ちゃんとともに紹興酒。
201211031153000_convert_20121115152846.jpg

うまいっ。

アブ「従業員の林(リン)ちゃんいますよ。かわいい。19歳」

一旦解散して、武藤はスタイリスト辻野氏と共に台湾の古いお寺さん「龍山寺」に行く事に。場所は昨日行った夜市「華西街」のすぐ近くだ。

龍山寺〜ロンシャンスゥ
201211031315000_convert_20121115153404.jpg

参る
201211031337000_convert_20121115153727.jpg

夜とはまた違った街の顔。
201211031412001_convert_20121115154102.jpg


このあと、辻野氏やBACKLASH片山氏の計らいで、日台友好会で武藤は一人弾き語りライヴをする事に。その待ち合わせ時間まで一旦ホテルに戻るのであった。
(武藤昭平)

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の一〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の二〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の四〜


酔いどれオーナー宛
syohei@wild-room.com


【2012/11/15 16:38 】 | 武藤ウエノ劇場 |
| ホーム |