酔いどれオーナー No.3138
No.3138



武藤昭平LIVE情報

「【レッツ・ゲット・ロマン】パート17 〜 32イヤーズオールドワンマンタイム」

2012年12月13日(木)
東京下北沢 BAR? CCO

出演 : 高哲典 / ゲスト : 武藤昭平 (勝手にしやがれ)

OPEN:19:00〜/START:20:00〜
CHARGE:\1,500-(+2drink \1,000-)

http://www.cotoc.co.jp/toppage.html

若き吟遊詩人、高君のバースデイ・ライヴに武藤一人ゲスト出演します。
(武藤昭平)

酔いどれオーナー宛
syohei@wild-room.com
【2012/11/16 12:06 】 | LIVE |
酔いどれオーナー No.3137
No.3137

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の四〜

2012年11月3日夜。
BACKLASH片山氏、スタイリスト辻野氏の計らいで日台友好会にて弾き語りライヴを行う事になった武藤。タクシーで台北のどこかに来た。


素晴らしい。お邪魔します。
201211031856000_convert_20121115172235.jpg

料理もすこぶる美味し。
201211031952000_convert_20121115172758.jpg

宜しくお願いします。
201211031858000_convert_20121115172538.jpg

サウンドシステムもとりわけ揃ってないので、完全生音で一曲Bob Marleyのカヴァー「Redemption song」を披露。ありがとうございました。

そして会場を後にして、我々一行は別で食事をしていたROLLチームと合流。そこで出て来た酒。
「武藤君これでしょ?」
201211040115000_convert_20121115173112.jpg

今回御世話になってる「タカハシ」こと「高梁酒」

しばし飲んだがベロベロになった武藤は、くだを巻いてしまい、皆さんにご迷惑をかけてしまう事態に。
「本当に皆さんすいませんでした」
反省しております。
201211041218000_convert_20121115173246.jpg


2012年11月4日。最終日。
「おはようございます。」
ホテルのチェックアウトを終えてホテルの外の喫煙所でROLL馬場氏と煙草を吸っていると、隣りにいたご老人に声をかけられる。
老「あなたたちゃあ、日本人ですか?(大滝秀治風)」
武「そうですよ。」
馬「日本語上手ですね」
老「昔、私が小さい頃は学校で日本語を習ってましたから。私たちの世代なら大体日本語大丈夫ですよ(大滝秀治風)」
馬「ああ。昔は(台湾を)日本が統治してた時代がありましたからね」
老「私は日本が大好きです(大滝秀治風)」
武「ありがとうございます。よかったら記念に一枚写真を一緒に撮って頂いていいですか?」
老「もちろんです(大滝秀治風)」
201211041321000_convert_20121115173537.jpg


このあと台湾のセレクト・ショップ「The Thurs」に挨拶。武藤の隣りがMr. Brianその後ろの眼鏡がMerrick。ROLLの皆さんやクロワニチーム。
201211041345000_convert_20121115173757.jpg

メリック「MUTO-san。アノ日コゥーリャン(高梁酒)5杯飲んだ。ミンナ言った。MUTO-san。化け物」
皆さんありがとうございました。特にMerrick。いろいろ御世話してくれて感謝です。

この後、BLACK LEATHER RIOTは大阪、東京と続いたのでありました。THE JIM JONES REVUEの皆さん、KUROWANIさん、台湾の皆さん、ROLL馬場さん、ツネ君、ミツ君、そして日本から駆けつけた一緒に遊んだ皆さん、ありがとうございました。ちなみに台北ThursからMr.BrianとMr.Julianは日本までお疲れ様でした。大阪から東京まで一緒に車移動は楽しかったです。

そして武藤台北の仕上げは台北松山空港での「牛肉麺」
201211041501000_convert_20121115174004.jpg

〜終劇〜

(武藤昭平)


武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の一〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の二〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の三〜


酔いどれオーナー宛
syohei@wild-room.com


【2012/11/15 18:40 】 | 武藤ウエノ劇場 |
酔いどれオーナー No.3136
No.3136

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の三〜

2012年11月2日夜。
華西街観光夜市から戻ってきた六人衆。いよいよ会場へ。

で、本日のチラシ。

MUTO & UENOは日本の教父らしいです。

お客さんも結構入ってていい感じ。で、本番前の武藤ウエノ。
201211022337000_convert_20121115144357.jpg

ぼちぼち行きますか。

本番
201211030027000+のコピー_convert_20121115144620
201211030022000+のコピー_convert_20121115144746
かなりいい感じで盛り上がってます。
201211030030000+のコピー_convert_20121115144946

この日のセットリスト。

1. THE PIED PIPER BLUES
2. BUENA VISTA 
3. DESPERADO SERENADE
4. SALUD
5. AMIGA AMIGO
6. MOJO WORKIN'

およそ40分ほどのセットメニュー。
MOJO WORKIN'でのコール&レスポンスは国境を超えます。ありがたい。
201211030032000+のコピー_convert_20121115145121

暗過ぎて分からないが台湾The ThursのボスMr. Brianと武藤。
201211030123000_convert_20121115145644.jpg
ありがとうございました。謝謝ー合掌。


この後、台北アテンダントをしてくれたMerrickに連れられ台湾のRock Barに行った武藤。
M「MUTO-san。オツカレサマデシタ。酒。ナニ飲む?」
武「ジャパニーズ焼酎ってこっちないんだよね」
で、武藤は台湾初日にコンビニで買った台湾の酒を思い出した。「高梁酒」といって沖縄の泡盛に近い味がするお酒だ。ただアルコール度は58°ある。武藤はこの酒の発音を分かっておらず「タカハシ」と呼んでいた。
武 「メリック。タカハシってある?漢字で高いに・・・」
M 「コゥーリャン?MUTO-sanコゥーリャン?大丈夫?」
武 「それ頂戴」

そして武藤はすみやかに撃沈。

2012年11月3日。
ホテルの電話のベルが鳴り起こされた武藤。
アブ「みんな既に例の小龍包屋でメシ食ってますよ」
武「あ、今行きます」

いい天気だ。
201211031136000_convert_20121115151916jpg.jpg


ウエノは本日昼から日本でリハーサルの為、朝5:30には空港へ。ウエノ不在で皆さんと昼食。
濱ちゃんアブちゃん、奥が辻野さん。すでに飲んでます。
201211031146001_convert_20121115152546.jpg

武藤も濱ちゃんとともに紹興酒。
201211031153000_convert_20121115152846.jpg

うまいっ。

アブ「従業員の林(リン)ちゃんいますよ。かわいい。19歳」

一旦解散して、武藤はスタイリスト辻野氏と共に台湾の古いお寺さん「龍山寺」に行く事に。場所は昨日行った夜市「華西街」のすぐ近くだ。

龍山寺〜ロンシャンスゥ
201211031315000_convert_20121115153404.jpg

参る
201211031337000_convert_20121115153727.jpg

夜とはまた違った街の顔。
201211031412001_convert_20121115154102.jpg


このあと、辻野氏やBACKLASH片山氏の計らいで、日台友好会で武藤は一人弾き語りライヴをする事に。その待ち合わせ時間まで一旦ホテルに戻るのであった。
(武藤昭平)

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の一〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の二〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の四〜


酔いどれオーナー宛
syohei@wild-room.com


【2012/11/15 16:38 】 | 武藤ウエノ劇場 |
酔いどれオーナー No.3135
No.3135

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の二〜

2012年11月2日。
二日目、早起きをした武藤は一人ホテル近くの福成宮へお参りに。

お香の香りに包まれた後、昼食をという事で、昨日の日本男児四人と待ち合わせ。

ホテル周辺を物色
201211021218000_convert_20121115023427.jpg
「お。ここ美味そう」
201211021222000_convert_20121115023743.jpg
台北でよく見かけた牛肉麺。

「メニューがさっぱり分からん」
ゼスチャーでいろいろ聞いてみる日本男児四人。
201211021224000_convert_20121115024216.jpg

「ああ、なるほど。『紅』が付くと『スパイシー』な味なのね」

武藤は『紅』が付かないあっさり味の牛肉麺。
201211021231000_convert_20121115024421.jpg

ウエノは『紅』が付いたスパイシーな牛肉麺。
201211021231001_convert_20121115024623.jpg

「うまいっ!」

その後ホテルに戻り、出直してホテルすぐ近くの会場「LUXY」へ。そこで馬場代表はじめROLLの皆さんや台湾主催のセレクト・ショップ「The Thurs」のスタッフの皆さんと合流。
201211021855000_convert_20121115025029.jpg
そして武藤ウエノ、サウンドチェックを済ますと、本番まで結構時間が空いている為、また昨夜とは違う夜市へ。

今回は昨夜までの日本男児四人組に加え、DJで参加のBACKLASH片山氏とスタイリスト辻野氏の六人で、いざ、華西街夜市へ。
201211021939000_convert_20121115025702.jpg

で、物色。
201211021909000_convert_20121115025855.jpg
ウ「おお。ここはなかなかディープなポイントだねぇ」

店を決めて落ち着く六人衆。
ウ「じゃあ、ここの飯のオーダーは俺とアブのプロデュースでよろしいでしょうか?」
201211021952000_convert_20121115030652.jpg

ウ「一応材料を指差しては、焼いてくれとかスープだとかゼスチャーで伝えたけど・・・。すいません。言葉が通じないので何が出て来るか分かりません」

そして料理が並び出す。
201211022019000_convert_20121115030909.jpg
「おっ!うまいこれ」
「かなりヒットじゃないですか?」

そしてドーン。
201211022024001_convert_20121115031138.jpg
「きましたねー!」
「これは間違いないっ!」
「昨日から我々はこういう場所を求めてたのかな」
「台湾に来て、我々が行くとこは決まったね」

絶賛。

「じゃあもう一件ぐらいはしごしますか」

物色。
201211022059000_convert_20121115031438.jpg

「お、この店いいんじゃない?」
「行って見ますか」

201211022110000_convert_20121115031658.jpg

「おばはん一人で厨房こなしとる」
201211022121000_convert_20121115031842.jpg

「おお、うまい!」

というわけで、充分に腹を満たし、会場にもどる六人衆であった。
(武藤昭平)

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の一〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の三〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の四〜

酔いどれオーナー宛
syohei@wild-room.com


【2012/11/15 05:25 】 | 武藤ウエノ劇場 |
酔いどれオーナー No.3134
No.3134

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の一〜

2012年11月1日。
今回洋服ブランド「ROLL×LEWIS LEATHERS」が主催する「BLACK LEATHER RIOT TAIWAN」に出演する事になった武藤ウエノ。とりあえず前乗りした武藤ウエノと今回諸々ケアしてくれた虻川の三人。

「忠孝敦化〜ズォンシャオ・ドンファ」にある「サンワンホテル」に到着。


アブ「roarのハマちゃんが同じホテルで先に着いてるみたいです。」
ウエノ「じゃあ30分後にロビー集合でどっか行こう。」

で、荷物を各自部屋に置いて集合。roar濱中氏と合流して
台北の街を物色
201211011511000_convert_20121114233432.jpg

ウ「まずどっかに入って作戦会議をしよう」

どっかに入って台湾に「サルー!」
201211011527000_convert_20121114233703.jpg

ウ「やっぱり小龍包食べないと」
濱「この辺で有名な『ナントカ』って小龍包屋があるみたいで、雑誌とかにもお薦めされてるんだよねぇ」
その『ナントカ』に行きますか。

『鼎泰豊』

「なんて読むんだろ」「デンタイフォン?」「まぁ、行きますか」

小龍包をたしなむウエノと濱中氏。
201211011620000_convert_20121114234526.jpg
「ううううう、うまっ!安っ!」
「十個で180元。600円ぐらいか」

アブ「従業員の林(リン)ちゃん、メッチャかわいいっすよ。19歳」

ウ「これからどこ行こうか。ヨイチ(夜市)と呼ばれるとこに行きたいんだよね」
濱「夜市はいくつかあるんだよね。で、さっき見えてた高層ビルがあるんだけど」
武「イチマルイチ(台北101)って建物かなぁ」
ウ「じゃあそこ行ってどこの夜市行くか考えますか」
濱「地図で見るとここから歩いて行けると思うんだけど」
ウ「じゃあ歩いて行きますか」

歩いてかれこれ20分程
ウ「まぁ、歩けない距離ではないけど」
「おお。だいぶ近づいてきましたよぉ」

台北101と武藤ウエノ
201211011726000_convert_20121114235216.jpg

「せっかくだから展望台に行ってみますか」

と、中に入った日本男児四人。観光客の多さに驚きを隠せない。
「展望台に登るのにこんなに並ぶんだ・・・どうする?」
「・・・」


201211011731000_convert_20121114235611.jpg

結局101に登るのを断念した日本男児四人。

ウ「せっかくやって来て展望台も登らず」
アブ「夜市行きますか」
濱「ここからなら銀河街の夜市が近いんだよね。ギンガじゃないけど銀河みたいな字を書くとこ」
ウ「士林って書く所の夜市がかなりデカイらしいよ」
武「そこは空港の向こう側だからタクシーでも結構あると思いますよ。まぁ指で測っただけだけど」
ウ「じゃじゃあ皆そう言うなら銀河行こうや」

タクシーで饒河街観光夜市に向かう日本男児四人。

「ほう、来ましたねぇ」

201211011839000_convert_20121115000733.jpg

じゃあ撮っときますか

201211011837000_convert_20121115000426.jpg

物色
201211011840000_convert_20121115001406.jpg

たそがれ
201211011845000_convert_20121115001635.jpg

アブ「お、この蟹メッチャ美味そうですよ」
「食べますか」

201211011848000_convert_20121115001855.jpg

結局もの足らないという事で夜市のハシゴをする事に。
タクシーにのる日本男児四人。
201211031848000_convert_20121115000124.jpg

士林夜市に着いた日本男児四人。

台湾松山空港から降り立った時から、ろくに充電をしてなかった為携帯の電池も切れ、ここからは写真も撮れず。
物色。
物色。
物色。
ここの夜市は大き過ぎてどこに行けば良いのかさっぱり分からず。

結局ホテルに戻り濱中氏の部屋で部屋飲みをする日本男児四人であった。
(武藤昭平)

武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の二〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の三〜
武藤ウエノ劇場「台北記2012」〜其の四〜

酔いどれオーナー宛
syohei@wild-room.com
【2012/11/15 02:11 】 | 武藤ウエノ劇場 |
酔いどれオーナー No.3133

No.3133

武藤ウエノ劇場ス・ワンダフル・ツアー札幌編。
昨夜はタワーレコード札幌ピヴォ店にDuceにありがとうございました。そして今日はいよいよ武藤ウエノワンマンライヴ。場所はススキノのバー・スティングレイ。よろしくお願いします。写真はカニミソにご満悦な武藤ウエノの図。
(武藤昭平)
【2012/11/11 15:44 】 | 武藤ウエノ劇場 |
| ホーム |